読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みうらの浜島

妊娠をきっかけに病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、熱によって溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、葉酸摂取の計画を立てましょう。
一般的に、妊娠中は当然のこととして、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、普段通りの生活を送っていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとが出てくる方が多いです。葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、葉酸サプリです。葉酸サプリであれば、普段の食事を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。ですから、食事での葉酸摂取に不安がある方も心配する事なく、普段通りの生活を送れます。
友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、サプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。彼女はベルタの葉酸サプリが一番良いらしいって教えてくれました。サプリは妊娠前から摂取すると効果的だってテレビで見たことがありましたから、友達にアドバイスしました。友達には、いつも笑っていてほしいから、赤ちゃんを無事に出産してほしいと思う今日このごろです。
ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。ヨガによって血行が良くなると、崩れた自律神経のバランスを治しますのでホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。軽く運動する事で、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。こうした運動は崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、ぜひ実践してみてください。
http://laurasimages.com/
妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。体温低下で血行不順になると食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、正常なホルモン分泌ができず卵巣・子宮の機能が落ちるといった報告があります。古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。血液の循環を良くして自然な代謝を促進し、ストレスを和らげる効果もあります。冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。
一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いようです。妊娠が発覚してから、早めにこれらの食材を摂取することによって、お腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという報告があります。ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をオススメしたいです。あまり頑なに考えすぎず、臨機応変葉酸を摂取するのが良いでしょう。
葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが最も重要な期間であることは、疑いようがありません。それでは、妊娠後期の妊婦には葉酸が要らないのかと言うと、そんなことはありません。赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が重要な期間だという事です。ですから、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。
妊娠を希望する女性や妊娠中の女性など、妊娠に関わる方が一番気にする栄養素と言えば、葉酸ですよね。葉酸は胎児の正常な発達に寄与する栄養素なのですが、いかに大切な栄養素であっても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意が必要です。なぜならサプリは普段の食事から得られる葉酸よりも、はるかに高く入っているため、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。葉酸が過剰に体に蓄積されることで、胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。
妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛の摂取を心がけてください。なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。また、亜鉛の効果は女性に限らず、男性が摂取した場合、健康的な精子の増加を助けてくれるのです。妊娠はどちらか一人ではできません。元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を始めてみてください。
まだ妊娠できないと悩んでいるときは、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば体の状態というのがよく分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。毎日、起床時に体温を測るというルールもあるので、それに従って毎日続けるのが大事です。一日忘れても根気よく続けていきましょう。